ALUMNI

畿央大学健康科学部理学療法学科を卒業ならびに畿央大学大学院健康科学研究科神経リハビリテーション学研究室(森岡周研究室)を修了したメンバーの動向を紹介する。

博士後期課程

  • 1.谷口 博

    #博士後期課程
    年度
    2011年度
    1期生
    現所属
    辻村外科リハビリテーション科 室長
    論文題目
    Brain activity stimulated by prism adaptation tasks utilized for the treatment of unilateral spatial neglect:A study with fNIRS
  • 2.信迫悟志

    #博士後期課程
    年度
    2011年度
    1期生
    現所属
    畿央大学大学院健康科学研究科 准教授
    論文題目
    Effectiveness of the gaze direction recognition task for chronic neck pain and cervical range of motion:a randomized controlled pilot study
  • 3.河村民平

    #博士後期課程
    年度
    2012年度
    2期生
    現所属
    京都光華女子大学健康科学部医療福祉学科言語聴覚専攻 教授
    論文題目
    Effects of Differences in Working Memory Capacity on Patterns of Word Generation
  • 4.中野英樹

    #博士後期課程
    年度
    2012年度
    2期生
    現所属
    京都橘大学 健康科学部 理学療法学科 准教授
    論文題目
    Effect of a plantar perceptual learning task on walking stability in the elderly: a randomized controlled trial.
  • 5.若田哲史

    #博士後期課程
    年度
    2013年度
    3期生
    現所属
    上京診療所リハビリテーション科 主任
    論文題目
    Brain activity and the perception of self-agency while viewing a video of tool manipulation: an fNIRS study
  • 6.平川善之

    #博士後期課程
    年度
    2014年度
    4期生
    現所属
    福岡リハビリテーション病院 リハビリテーション科 部長
    畿央大学大学院健康科学研究科 客員准教授
    論文題目
    The relationship between psychological factors, neglect-like symptoms, and postoperative pain after total knee arthroplasty.
  • 7.植田耕造

    #博士後期課程
    年度
    2014年度
    4期生
    現所属
    JCHO星ヶ丘医療センター リハビリテーション部 主任
    畿央大学大学院健康科学研究科 客員准教授
    論文題目
    Effects of voluntary and automatic control of center of pressure sway during quiet standing.
  • 8.大住倫弘

    #博士後期課程
    年度
    2014年度
    4期生
    現所属
    畿央大学大学院健康科学研究科 准教授
    論文題目
    Effects of visual body image manipulation on pain perception.
  • 9.藤田浩之

    #博士後期課程
    年度
    2015年度
    5期生
    現所属
    大阪人間科学大学保健医療学部理学療法学科 准教授
    論文題目
    Effects of individual differences in working memory capacity on postural control in a dual task
  • 10.小谷(旧姓 林部)美紀

    #博士後期課程
    年度
    2015年度
    5期生
    現所属
    大阪保健医療大学 保健医療学部 リハビリテーション学科作業療法学専攻 准教授
    論文題目
    Locomotor improvement of spinal cord-injured rats through treadmill training by forced plantar placement of hind paws
  • 11.佐藤剛介

    #博士後期課程
    年度
    2016年度
    6期生
    現所属
    奈良県総合医療センターリハビリテーション科 理学療法士
    畿央大学大学院健康科学研究科 客員准教授
    論文題目
    Effects of wheelchair propulsion on neuropathic pain and resting electroencephalography after spinal cord injury
  • 12.石垣智也

    #博士後期課程
    年度
    2017年度
    7期生
    現所属
    名古屋学院大学 リハビリテーション学部 理学療法学科 講師
    畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 客員研究員
    論文題目
    Responsive cortical region for postural stabilization and sociopsychological characteristics of interpersonal postural coordination by light touch
  • 13.今井亮太

    #博士後期課程
    年度
    2017年度
    7期生
    現所属
    大阪河﨑リハビリテーション大学 リハビリテーション学部 理学療法学専攻 助教
    論文題目
    Effects of illusory kinesthesia by tendon vibratory stimulation on the post-surgical pain and neural activities of analgesia mechanism
  • 14.大松聡子

    #博士後期課程
    年度
    2018年度
    8期生
    現所属
    国立障害者リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション部 再生医療リハビリテーション室 作業療法士
    国立障害者リハビリテーションセンター研究所 流動研究員
    論文題目
    Visual search pattern during free viewing of horizontally flipped images in patients with unilateral spatial neglect
  • 15.片山 脩

    #博士後期課程
    年度
    2018年度
    8期生
    現所属
    国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター予防老年学研究部 長寿コホート研究室 特任研究員
    論文題目
    Neural mechanism of altered limb perceptions and motor control caused by sensorimotor incongruence
  • 16.渕上 健

    #博士後期課程
    年度
    2019年度
    9期生
    現所属
    岸和田リハビリテーション病院 リハビリテーション部 副部長代理
    畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 客員研究員
    論文題目
    Differences between the Influence of Observing One's Own Movements and Those of Others in Patients with Stroke
  • 17.重藤 隼人

    #博士後期課程
    年度
    2020年度
    10期生
    現所属
    京都橘大学健康科学部理学療法学科 助教
    最終学歴
    畿央大学大学院健康科学研究科博士後期課程修了 博士(健康科学)
    論文題目
    The relationships between abnormal muscle activities and pain-related factors in patients with chronic low back pain
  • 18.林田 一輝

    #博士後期課程
    年度
    2020年度
    10期生
    現所属
    藤井会リハビリテーション病院 理学療法士
    畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 客員研究員
    最終学歴
    畿央大学大学院健康科学研究科博士後期課程修了 博士(健康科学)
    論文題目
    Sharing responsibility and goal with a co-actor change the causal attribution of action-effect
  • 19.宮脇 裕

    #博士後期課程
    年度
    2020年度
    10期生
    現所属
    慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室 特任助教
    日本学術振興会 特別研究員(PD)
    最終学歴
    畿央大学大学院健康科学研究科博士後期課程修了 博士(健康科学)
    論文題目
    Altered sense of agency due to post-stroke sensorimotor deficits

PAGE TOP