INSIGHT

研究室を主宰する森岡周が、日々、真剣に、あるいは適当に生きている中で思った・考えた・行動したことを
エッセイとして書いています。

記事一覧

  • 更新日:2020年04月25日

    発達のリセット

    「意識には必ず対象が存在する。」「意識は必ず視点を伴う。」これは有名なエドムント・フッサールの現象学から考える意識の視点です。フッサールの言う私の意識は、デカルトの言う「我思う、ゆえに我あり(Je pense, donc […]

  • 更新日:2020年04月16日

    それでも人間は成長する

    今、せっせせっせと授業動画コンテンツを作成し、配信する毎日です。 COVID-19の影響でしばらくは大学に入ることができません。臨床実習も中止となり、web上で担当している学生4名と頻繁に模擬患者に基づいてディスカッショ […]

  • 更新日:2020年04月15日

    振り返ってみて

    今、2005年に出版した「リハビリテーションのための認知神経科学入門」の改訂をしています。改訂といっても元の原稿はもはや跡形もなく新著といっても良いです。この本は第1部と第2部で構成される予定で、ちょうど今第1部では最終 […]

  • 更新日:2019年11月25日

    口でいう幸せでない幸せ

    今、なんとなく世界情勢がきな臭い。満遍なく世界が裕福であれば、リベラルな意識は継続するかもしれないものの・・・ 限られた資源に固執すると、それは奪い合いになるのも理解できる。資源こそ、自らの種や民族を継続するために必要だ […]

  • 更新日:2019年11月22日

    「アンニュイ」の正体

    今の心情はというと、少し下降気味な感じであることは否めない。理由を後付け、紐づけると、色々出現してくる。先月、大きな責任ある複数の仕事が決着したこと、などに。   けれども、30代の時と明らかに違う「アンニュイ […]

1 2 3

PAGE TOP